ペット保険の補償内容

ペット保険の保障のタイプとは?

ペット保険にはさまざまなプランが用意されていますが、大きく分けて定額保障型と定率保障型の2つのプランがあります。どちらのタイプをお選びになられるかということによっても保険料は変わってきます。

 定額保障型のペット保険は、治療や入院、手術等を受けた際に、あらかじめ決められている定額が支払われます。例えば、入院1日につき5000円の補償と決められていれば、毎回治療費の実費を上限として定額まで支払われることになります。この補償の価格が高ければ高いほど保険料は高めに設定されていることが多くなっています。定額保障型のプランは実費補償型と呼ばれることもあります。定額保障型の場合には、かかった費用が定額よりも高かった場合には、その差額を自費で支払うことになりますが、1日の補償額内であれば、自己負担額がゼロになることになります。ただ、定額保障型の場合には、治療後、治療内容などが記載された診断書等を保険会社に送り、後日保険金を受け取ることが多くなっていますので、保険金を受け取るまである程度時間がかかってしまうこともあります。

 定率保障型のペット保険は、治療や入院、手術等を受けた際に、あらかじめ決められている定率分だけ補償を受けることができるようになっています。例えば、入院の際の補償が50%に決められている場合、入院1日5000円が実費としてかかった場合には、その50%である2500円分が保険会社によって補償されることになります。定率保障の場合には、最高限度額というものが決められていますが、手術費用など治療費が高くかかってしまった場合には、定額保障よりも高い補償を受けることができるようになっています。定率保障型の場合には、それぞれのペット保険の会社と契約している動物病院であれば、治療後、治療費を支払う際にその場で治療費から定率分を差し引いてもらうことができる場合もありますので、かかりつけの動物病院が契約しているペット保険の会社があれば、こちらのタイプをお選びになられてみるのもよいのではないかと思います。

 どちらのタイプをご利用になられる場合でもペット保険の会社ごとやプランごとに決められている日額補償制限や年間の日数制限なども設けられていますので、よくご確認いただきたいと思います。