ペット保険の補償内容

補償対象外の治療(診療)とは?

ペット保険の場合も人間の保険と同じように補償対象外の治療や診療があります。ペット保険の補償対象外治療や診療に関しましては、ペット保険の会社によって異なるものになっていますので、一概に言うことはできないのですが、多くのペット保険で補償対象外になっている事柄についてここでふれておくことに致しますので、参考にしていただければと思います。

 ペット保険の多くは病気やもしもの事故の治療、入院に対応してくれるものになっていますが、ペットを飼育していく上で避けては通れない予防接種などの診療、治療等については補償対象外とされていることが多くなっています。特に犬や猫を飼育されている方の場合には、ワクチンなどの接種とともに、去勢や避妊手術などをされる方も多いことでしょう。ワクチンには毎回それなりの費用がかかりますし、手術予定のペットを飼育されている方の場合には、そういった面でペット保険を検討される方も多いでしょう。しかし残念なことにペット保険ではこうしたワクチンの接種やフィラリアなどの検査や薬の代金で補償を受けることはできない場合がほとんどです。また、去勢や避妊手術の場合も補償対象外となっていることが多くなっており、こうした治療の際に保険を利用していただくことはできません。また、ペットの妊娠・出産による費用も正常な妊娠・出産の場合には補償対象外となりますので、お気を付けください。ほかにも健康診断や血液検査、先天的な異常、保険加入以前からの既往症、往診費用や夜間・休日の診療費、安楽死等のための費用なども補償対象外になっています。

 ペット保険では、基本的にケガや病気の際の診療や治療が補償対象になりますが、予防可能な病気などの場合、しっかりとした予防がなされていなかった(例えば予防接種が必要な病気なのに予防接種を一切受けさせていなかった場合など)と判断された場合には補償を受けられないこともあるようですので、加入されるペット保険の補償内容についてよくご確認ください。

 また、ペット保険でも、人間の保険と同じように故意によるケガや疾患では補償を受けることはできません。そして自然災害によってペットがケガなどをしてしまった場合も補償を受けることができない保険が多くなっています。