ペット保険の補償内容

加入審査やほかの加入条件とは?

ペット保険imgペット保険に加入するためには、動物の種類やペットの年齢のほかにもいくつか条件がある場合もあります。
  第一に、人間の保険と同じように保険に加入する時点でペットが健康である必要があります。また、ペット保険の会社が挙げる特定疾患にかかったことがあるペットについては加入することができないペット保険もありますので、過去に病気にかかったことがあるペットの保険への加入を検討されている場合には、よくお調べいただきたいと思います。特定疾患にはフィラリア感染症や心疾患、突発性てんかん、悪性腫瘍、猫白血病ウイルス感染症などが含まれています。その他、治癒の可能性のある病気にかかってしまっている場合には、病気の完治後にペット保険の会社にご連絡いただくことで、ペット保険に加入していただくことができる場合もありますので、ご確認いただければと思います。

 ほかにも、犬や猫の場合には、それぞれペット保険の会社が条件に挙げている予防接種などを受けていることが加入条件になっている場合もあります。加入条件となっている予防接種は、すべての犬猫に予防接種が義務付けられているワクチン類がほとんどになっています。生後間もないペットであっても加入可能月齢までには接種済み予定のペットが多いと思いますので、ご安心いただきたいと思います。

 ペット保険の会社やペットの加入時の年齢によっては、動物病院の診断書が加入時に必要になる場合もあります。また、ペット保険によっては加入時にすべてのペットに動物病院での診断を義務付けているところもあります。しかし、中には健康状態の告知だけで加入することができる場合もありますので、ご加入を検討されているペット保険のホームページで確認するか、会社にお問い合わせいただければと思います。

 加入審査につきましては、これら加入条件が満たされているか否かを判断する程度のものになっていますので、よほど大きな病気をされたことがあるペットや病気・ケガの治療中であるペット、対象外の種類のペット以外は審査を通過していただくことができるようです。