ペット保険の補償内容

動物病院に制限は?

人間の保険の場合には、健康保険証を利用することにより、3割の負担で日本全国どの病院であっても保険対象治療であれば、治療を受けることができるようになっていますよね。ペット保険に加入される際にペット保険を利用することで、どの動物病院であっても利用することができるのかどうか、気になるのではないでしょうか。

 どの会社のペット保険に加入するのかということによって、若干の違いが出てきてしまうこともありますが、基本的には日本国内の動物病院での治療であれば、補償を受けることができるものが多くなっています。ですので、ペット保険に加入された後でもいつもと同じ動物病院で治療を受けていただくことができるようになっています。

 ペット保険は、基本的には治療後に申請することによって補償が受けられるタイプのものが多くなっていますが、ペット保険の種類やプランによりましては、治療時の精算時に補償額分の割引を受けることができる場合もあります。治療時に補償を受けるためには、治療を受けた動物病院がペット保険の契約病院である必要がありますので、そういった補償を受けたいとお考えの場合には、かかりつけの動物病院が加入予定のペット保険の契約病院であるのかどうかということについてお調べいただきたいと思います。

 また、大手のペットショップの中にはペットショップ独自のペット保険を設けているところもあります。そういったペット保険ではペットショップが経営している動物病院で診療を受ける必要がありますので、動物病院にかなり限りがある場合が多くなっていますが、月に何度か系列病院の先生がペットショップを巡回して診療していることが多くなっていますし、飼育されているペットが小さい頃から診ている先生に診療をしてもらうことができるというメリットがあります。こうしたペットショップ独自の保険の場合も保険料が必要になってきますが、こうした独自のペット保険を用意しているペットショップが家の近くにあるという場合には利用されるのもよいでしょう。ただし、その場合にはそのペットショップでペットを購入していることが必要な場合が多いので、ショップでよくご確認ください。